2010年03月14日

六本木高校。ポカポカ陽気だったのですが。「代々木に移動する」と、きじよーからメール。駅に着いたところだったので、高校でまつよう説得。とにかくやろうやとなげていたら、二人の女性が「教えてもらえますかー?」と訪ねてきました。やはりやると言った以上3時くらいまではいないとね。暖かくなってきたし、また本格的に活動していきませう。


ふぁぐmurag1960 at 17:20│コメント(2)トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジョミ   2010年03月15日 07:20
3 そうなんです。もし、六本木高校を後にしていたら、とてもまずい展開になっていたのだ。       新しい入部(?じゃねーだろ。)希望者以外にもスポーカル関係者も視察に来たのですから(汗。)。   新しく訪ねて来てくれた女性お二人は、自分たちの飼っているワンちゃんとフリスビーを楽しんでいる中で、もっと色々なテクニックを身に着けたい。と、珍しく、とても前向き(拍手!)なスタンスの素敵なお二人です。やっぱり、犬が好きで心を通わせている人は、どこか明るく、感じがいいなと思いました。  (裏話なのですが、フリスビードッグ関係者は全国にかなりの数の人(推定一万人)がいるようなんですが、極一部の感じの悪いグループ内では、我々みたいな、人間のフリスビープレーヤーを、ドッグに対して、「ヒューマン」と呼び捨て(星飛馬かよ!)ているらしいです。 キジョー
2. Posted by スペク虎   2010年03月16日 14:57
 やるかぎりは時間までいないとねー。
KIJOをさとす人がいて良かった良かった(笑)。
フリスビードッグの世界は、色々な利害関係&人間関係で
今やたくさんの協会ができたからね。
(それぞれに使ってるディスクが違う..)
いろんな人がいるよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字